いのち|女性|くらし|戻る

「くらし」の
安心特区宣言

もう始まっている。
「もっとあなたらしく
暮らせる町田」

ジェット機騒音から守ります!

米運厚木基地ジェット機騒音解消のために、防音工事対象地域を80戸から47000戸に拡充。さらなる騒音被害低減に向けて必要な措置を取るよう要請してまいります。

----------------

町田市ごみ袋20%値下げを実現!

隣接する市と比べ高かった町田市のごみ袋。公明党町田総支部の市に対する予算要望や、10万人の市民の皆様の署名の提出により2009年8月から、現在より20%安い有料ごみ袋が実現しました。

----------------

町田市犯罪件数8年で5割減!

治安の悪さで有名だった町田市。そのレッテルを変えるため、繁華街へのスーパー防犯灯の設置や、国内最大の忠生交番を新設などに奔走しました。その効果もあり、この8年で、市の犯罪件数が5割減しました。

----------------

ムダゼロへ!年間34億円の経費を削減!

都職員の通勤定期を6ヶ月支給にすることで、年間34億円の経費が削減できました。これは、こいそ善彦が、石原都知事に改正を求めた事で実現したものです。この大きな効果に、国も同様の施策を取り、何と55億円削減しました。

----------------

ゲリラ豪雨に負けない河川整備を!

昨年8月に首都圏を襲ったゲリラ豪雨では、町田市でも多くの被害がありましたが、これを機に、河川整備を強く訴えて参りました。その結果、境川へ遊水池が整備され、さらに境川、鶴見川・恩田川・真光寺川に監視カメラが設置されました!

----------------

部活動の活性化を
顧問がいなく部活ができないという声を議会で訴え、外部指導員の派遣など部活動振興の道を開きました!さらに女子ソフトの上野由岐子投手や女子サッカー沢穂希選手らを都内の小中高に派遣しました。

----------------

バス路線の新設、増便を
昨年10月、神奈川中央交通本社を訪問。バス路線の新設や増便、停留所問題など、市民の要望を申し入れました。とりわけ、ベビーカーをたたまないで乗れるようにという要望と、乗り換え割引料金の採用を訴え、積極的な回答を得ました。

----------------

「一番働く」こいそ善彦!
次はこれに挑戦します!

◆東京DMAT【災害派遣医療チーム】やハイパーレスキュー隊の拡充を推進します。
◆正規雇用の拡大とシルバー世代の雇用環境づくりを進めます。
◆都営・都公社住宅への太陽光発電システムの導入を図ります。
◆食品トレーサビリティシステム構築を推進し、「食の安心・安全」を守ります。
◆多摩都市モノレール小田急多摩線の延伸で、渋滞解消と利便性向上を図ります。
◆地域ボランティアによる防犯体制のネットワーク作りを進めます。
◆防災の観点からも町田市内の渋滞解消をより一層推進します。
◆歩道バリアフリー化総点検を実施し改善を促進します。
◆公共施設や町内会館、消防団詰所などの耐震強化対策を推進します。
◆災害時の帰宅困難者対策を推進します。
◆中小企業・商店街の振興を進めます。

いのち|女性|くらし|戻る