戻る

医療・福祉B
勤務医の過重労働や待遇などの大幅改善を図ることが重要と考えます。医師を都職員として派遣する地域医療支援ドクター事業により、行政的医療を担う医師を確保。都内の周産期、小児、へき地、救急医療に従事する医師を確保するために、医学部の定員増に伴う奨学金制度の活用、さらに医学部5,6年生を対象とした都独自の奨学金の創設。民間病院で医師短時間正職員制度、交代制勤務の導入。院内保育室の整備など女性医師の復職を支援します。救急患者のタライ回しを無くすために、二次保健医療圏ごとに救急患者の搬送調整を行う「地域救急センター」を設置し、迅速な受け入れが出来るようにします。

戻る