戻る

平和・憲法@
「反対」
憲法9条の第1項で謳った戦争の放棄、第2項で謳った戦力の不保持・交戦権の否認は、わが国が世界に誇る平和憲法の象徴であり、第9条は、第1項・第2項を含めた全体として、わが国の平和と発展の基礎であると認識しています。従って、今後も第9条については、第1項・第2項ともに堅持すべきだと考えます。

戻る