戻る

平和・憲法A
「海外派兵恒久法」制定の動きがあるとは承知していません。武力行使の目的をもって武装した部隊を他国の領土、領海、領空に派遣するいわゆる海外派兵は、一般に自衛のための必要最小限度を超えるものです。従って、自衛隊の「海外派兵恒久法」なるものの制定は現行憲法上、容認されません。尚、自衛隊の国際平和協力活動等のための「海外派遣」に関する一般法については、議論することは否定しませんが、憲法の枠内、文民統制、武器使用などいくつもの課題があるため慎重な議論が必要だと考えます。

戻る