戻る

平和・憲法C
「不要」
集団的自衛権の行使は、憲法の容認する自衛の措置の限界を超えるものであり許されないとのこれまでの政府解釈を堅持すべきと考えます。

戻る